1. HOME
  2. 公演情報
  3. 関内寄席ねくすとスペシャル

関内寄席ねくすとスペシャル

2021年2月28日

関内寄席ねくすとスペシャル【立川志の春独演会】
 演目:阪田三吉物語

日付

令和3年2月28日(日)

場所

横浜 関内ホール 小ホール
(横浜市中区住吉町4-42-1 JR関内駅北口徒歩6分)

時間

開演14:00(開場13:00)

出演

立川志の春

料金

全席指定 2,000円(税込)

申込方法

*関内ホールチケットカウンター
 045-662-8411(10時~18時 休館日を除く)
*関内ホールオンラインチケットサービス(※要カンフェティ会員登録)
 https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=58953&
*カンフェティ フリーダイヤル
 0120-240-540(平日10時~18時)

詳細

https://www.kannaihall.jp/detals/001479.php

主催・お問合せ

関内ホール 045-662-1221

演目:【阪田三吉物語】

広瀬和生太鼓判!
令和2年4月に真打昇進した立川志の春が今回「関内寄席ねくすとスペシャル」で演じる【阪田三吉物語】は、彼が制作した新作落語。戯曲【王将】のモデルとなった天才棋士の波乱万丈の生涯を描いたもので、前編・後編合わせて1時間40分に及ぶ大作だ。
阪田三吉というと「破天荒な夫を支えた妻」が印象的だが、志の春は終生のライバル関根金次郎との関係に焦点を絞ることで、新たな三吉像を提示している。運命の出会いと因縁の対局、三吉を襲う悲劇、そして胸に沁みるエンディング・・・・。関係者の証言と回想シーン、そして地の語りを巧みに織り交ぜた見事な構成は、師匠である志の輔が良い手本となっている。
この【阪田三吉物語】は令和2年1月、明治座の三山ひろし座長公演で舞台化され、志の春自身も語り部役で出演した。壮大なスケールで展開される感動のストーリー【阪田三吉物語】、この機会を逃さずぜひ体験していただきたい。(文・広瀬和生)