1. HOME
  2. 公演情報
  3. 落語でシェイクスピア「冬物語」

落語でシェイクスピア「冬物語」

2022年11月8日

令和4年度(第77回)文化庁芸術祭参加公演

日付

2022年11月8日(火)

場所

築地本願寺ブディストホール
〒104-0045 東京都中央区築地3-15-1 築地本願寺内第一伝道会館2階
 東京メトロ 日比谷線「築地」駅:出口1 より徒歩約1分
 東京メトロ 有楽町線「新富町」駅:出口4 より徒歩約5分
 都営地下鉄 浅草線 「東銀座」駅:出口5 より徒歩約5分
 都営地下鉄 大江戸線「築地市場」駅:出口A1 より徒歩約5分

時間

19:30〜(開場:19:00)

出演

立川志の春

主催

志の春事務局

料金

予約3,000円、当日3,300円(全席自由)/オンライン2,500円

申込方法

※8月27日(土)発売開始
<会場観覧>
・チケットぴあ:Pコード :514- 894
 http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=2230782
・Peatix:https://1108fuyumonogatari.peatix.com
<オンライン>
・Peatix:https://1108fuyumonogatarionline.peatix.com

これまで舞台、映画、ミュージカル等、様々なジャンルのエンタメに影響を与え続けていたシェイクスピア作品。
それらを生み出したシェイクスピアが生まれた年が1564年。
落語の祖と言われる安楽案策伝が生まれた年が1554年。
現代でも楽しまれるエンタメのバイブルと言っても過言ではない東西の芸能の祖が、ほぼ同時期に活動していたという偶然。

これは偶然ではなく必然である という考えから、シェイクスピア作品「冬物語」の落語化に取り組むことにし、初演を迎えたのが2018年冬。それから4年が経ち、コロナ禍での真打昇進も経て、芸歴20年の年にパワーアップして再演します。

<ブディストホールにお越しいただくお客様へ>
■■新型コロナウィルス感染症への対応とお願い■■
・密を避ける為、開場時間前にお並び頂くことはご遠慮ください。
開場時間以降にご来場くださいますようお願い申し上げます。
・開場、終演後の入退場時、休憩中のお手洗い利用など、順番規制をかける場合がございますのでご協力をお願い致します。
・お越しの際は、マスクの着用と手洗い・消毒へのご協力をお願いいたします。
体調不良、発熱がある場合にはご来場をご遠慮ください。
・来館時の検温にて37.5度以上の体温を計測した場合は、その場でチケット代を払い戻しいたします。
・スタッフのマスク着用、アルコールでの消毒、会場の換気の徹底、ソーシャルディスタンスの確保など、新型コロナウィルス感染症対策・予防に 細心の注意を払い公演を実施いたします。

ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。

今後の新型コロナウィルスに関する政府や関係機関等の発表次第では、変更が生じる場合がございますが、その際はホームページ等でご案内させていただきますので、お手数ですが、最新情報をご確認下さいますようお願い申し上げます。

※会場の駐車場はご利用いただけません。お車でご来場の際は近隣のコインパーキング等をご利用ください。
※未就学児のご入場はご遠慮願います。